Apple

スマホFPSゲーム用コントローラをタイプ別に紹介

Apple
Sponsor link

スマホゲームの中でも瞬時に高い操作テクニックを要求されるFPSゲームにどハマりし、コントローラ沼にハマってしまいました。

なぜコントローラが必要なのか

答えは、、、指が足りん!

  • 左手親指 移動
  • 右手親指 視点移動、エイム
  • 左手人差指 ショット
  • 右手人差指 スコープ

実際4本指でFPSやってる人もいらっしゃいますが、私のように指が太いくせにiPhone12miniなんて使ってると画面上に4本も指があると敵が見えねぇ!

そして人差し指ツルわ!

そこでゲーマーたちに愛され様々なタイプが販売されているのがゲームコントローラになります。

タイプ別にメリット/デメリットを解説

ゲームパッド系

ジョイスティックと複数のボタンを備えコンシューマゲームのような操作性でプレイ可能。

無線フルコントローラ

DarkWalkerコントローラはBluetooth接続によりiPhoneやAndroid、PS4にも対応可能なフルコントローラーです。

メリット
デメリット
  • 長時間プレイでも疲れにくい
  • コンシューマゲームのような操作性
  • スマホケースに影響されない
  • タブレットでも使用可能
  • 6本指プレイも可能
  • ボタン割り当てあり
  • 充電が必要
  • 素早いエイムには慣れが必要
  • 細かい感度調整が必要
  • MFiコントローラのため専用ルームでプレイ

MFiコントローラでCoDMをプレイすると、コントローラ使用プレイヤーのみが集められる専用ルームでのみプレイ可能です。

みなさん別次元の強さです。。

そしてプレイ人口は決して多い方ではなくマッチに時間がかかります。

スマホ装着型フルコントローラ

Gamesir X2 Lightningはバッテリーが無くとても軽量なフルコントローラタイプになります。

iOS向けのLightning型はLightning端子が本体についておりiPhoneを差し込むと自動で電源がオンになりMFiコントローラとして瞬時に認識されます。

メリット
デメリット
  • 充電不要
  • 画面が指で隠れない
  • グリップ性良し
  • ボタン割り当てあり
  • 4本指プレイ可能
  • MFiコントローラ専用ルーム
  • 厚みのあるケースは接続不可
  • エイムに慣れと感度調整が必要
  • 6本指プレイはできない

Android向けC端子タイプのものと

Android/iOSどちらにも対応したBluetoothタイプのものもあります。

無線ハーフコントローラタイプ

Gamesir G6は移動はジョイスティック、エイムは画面上で行うという画期的なBluetooth接続のハーフタイプコントローラでした。

ジョイスティックエイムは慣れと細かな感度調整を試行錯誤しないとなかなか敵に弾が当たりませんが、

画面上でのタッチ操作は今まで通りの操作で確実にエイム出来ます。上面にはL1,L2とR1ボタンもあるため操作性は抜群に良いです。

しかし本製品の弱点はソフト面。専用アプリで各ボタンやジョイスティックを画面上でエミュレートする方式なのですが、アプリが使いにくいのとジョイスティックと同時押しできるボタンがR1に限られているという制御の弱さ。

例えばL1にスコープを設定している場合、移動中にスコープを押すと一瞬移動が止まります。

ほんの一瞬なのですがこれはかなりストレスです。

メリット
デメリット
  • エイム簡単
  • ボタン割り当てあり
  • 右親指以外画面を隠さない
  • ケースに左右されない
  • MFiでは無いため通常ルーム
  • エミュレータアプリの性能に左右される
  • 充電必要
  • ボタン同時押しに難あり

ジョイスティック移動とタッチ画面エイムのコンセプトは最高ですが、エミュレータが使いにくすぎるのが大幅減点です。


簡易スイッチ装着タイプ

スマホの画面上に電導性のスイッチを取り付け簡易なL1,R1スイッチを取り付けることができます。欲しい箇所に好きな数だけ増設することができます。

一体型2ボタンタイプ[クリック]

エレコム一体型2ボタンタイプは、左上にショット、右上にスコープを配置してタップではなくクリック感のあるスイッチで押すことができます。

カチカチとクリック感がありボタン上に指を置いて置けるので押し損ねることも少ないです。

固定方式はレバータイプでがっちり固定しますがカバー素材によっては傷が入るかもです。

エレコム一体型4ボタンタイプもあり選択肢が広がります

メリット
デメリット
  • 簡単装着、充電不要
  • 軽量コンパクト
  • クリック感あり
  • ゲームパッドより安価
  • グリップ性なし
  • ケース厚み注意
  • ボタン配置必要
  • 画面を少し隠してしまう
  • 他アプリの通知がくると誤爆する

分離型2ボタンタイプ[クリック]

分離型2ボタンタイプは、一体型と違うのは左右のボタンが分かれている点です。取り付ける部位にボタン配置は必要ですが、ショットのみなど必要だと感じる分だけ増設できます。

こちらも固定方式はレバーを倒すタイプでケース素材によっては傷の可能性あり。

メリット
デメリット
  • クリック感
  • 必要な箇所に設置可能
  • ゲームパッドより安価
  • グリップ性なし
  • 画面を隠してしまう
  • ケースの厚み注意
  • 強く押すとズレることがある
  • 通知誤爆

分離型2ボタンタイプ[タッチ]

分離型タッチ2ボタンタイプは、クリックでは無くタッチパネルのように軽く触れるだけで操作できます。

クリック式のようにぐっと押し込む必要がないため疲れにくいというメリットがあります。

固定方式は洗濯バサミのようなクリップタイプなのである程度のケース厚みは許容出来ます。キズも入りにくいです。

メリット
デメリット
  • カチカチ音なく静か
  • 洗濯バサミタイプなので厚みのあるケースも対応
  • 左右どちらにも配置可能
  • 軽く触れるだけなので誤爆あり
  • 画面を起動し直さないとうまく動かないこともあり
  • 通知誤爆あり

タブレットタイプ

エレコムタブレット用2ボタン付きグリップはトリガータイプの2ボタン付きグリップで左右分割タイプになります。取り付け方法はグリップの底面がスプリングで沈む構造になっておりスプリングを抑えながらスライドして装着します。

メリット
デメリット
  • グリップ性良し疲れにくい
  • 離れた位置にボタン配置できる
  • 画面が隠れる範囲が少ない
  • ケース付きなど厚みがあると難しい
  • 音量ボタンなどにアクセスできなくなる

iPad mini6を手に入れて手頃なサイズ感で重宝しています。最近FPSゲームのために開発されたのではないかと思えるくらいゲームに最適だと気付きました。

iPhoneより大きな画面で敵を発見しやすいですが、重すぎるということはなく、高いグラフィック性能でラグもなし。

そんなiPad miniにゲームボタンつけたらもう最高すぎました。

タップ部分が貧相なのが気になる

実際にタップしているところの様子を動画で載せておきます。使えないことはないですが、レバー機構が貧相すぎて耐久性は心配です。

最後はタブレットもご紹介しましたがさまざまなタイプのゲームコントローラが販売されており、これからも沼から抜け出せそうにありません。

コメント