Car

洗車とコーティングはコストも手間もかけたくないし撥水効果も長持ちさせたい! おすすめ洗車グッズご紹介

Car
Sponsor link

花粉に黄砂、さらにもうすぐ梅雨!

洗車のついでに長持ちするコーティングしたいなぁと思う方は少なくないはず!

手間もお金もかけずに長期コーティング効果もバッチリなおすすめ洗車グッズをご紹介!

洗車に必要なのはコレだけ

  • バケツ
  • カーシャンプー
  • スポンジ
  • 拭きあげタオル

おすすめカーシャンプー

ふわふわの泡で傷つけずにしっかりと汚れを落とすことができます。

また、ワックス成分は入ってないのでコーティング前の洗車におすすめ。

おすすめスポンジ

スポンジではありませんが優しい泡で優しく洗車するのにムートングローブは抜群の組み合わせです。

ただ、毛が抜けたり乾燥させにくいなど管理の面では少し手間がかかります。

保管時にも手間をかけたくない場合はこちらもおすすめです。

マイクロファイバー製のグローブで優しく洗い上げ洗車後は水気を絞っておくだけで簡単です。また絞っても繊維が抜けることはないので長持ちします。

拭きあげタオル

大判のマイクロファイバータオルで、手を入れるポケットもあるため落下防止にも役立ちます。ポケットがあるからムササビです。

不思議なことに乾いた状態だとあまり水を吸いません、一度しっかりと濡らして絞る優しくボディの上を滑らせるだけでぐんぐん水気を吸い取ります。強く押すと中の水分が出てくるので、優しく乗せるだけでOKです。

ルーフやボンネットもバサッと広げて引っ張るだけでズバッと水気を拭き取ることができます。

ただし大判なので絞るのが大変という方には小さめのムササビクロスというものもあります。

洗車に必要なグッズはここまでです。

コーティングの種類によっては拭きあげ前に施工するタイプもあるので施工方法は事前に確認しておきましょう。


おすすめコーティング

簡単施工で効果バッチリなコーティングで当ブログ1番のおすすめはスパシャンシリーズです。

おすすめポイント

  • 希釈して使う高コスパ
  • ボディ・ガラス全パーツ施工可能
  • 濡れたボディで使える
  • 塗って拭くだけ

8800円と導入コストは高めですが、希釈して使うのでボディサイズにもよりますが20〜30回は使えます。

さらに!当ブログでは裏技的使用方法もご紹介しています。

公式の使用方法

  • 希釈したスパシャンを塗り込む
  • 大量の水で流す
  • 水滴を全て拭きあげる

とおおまかに3工程ですが、気温が高い日や直射日光に当たる場合は、部位ごとに塗って流すことを推奨されています。つまりルーフ・ガラス・ボンネット・ドア・バックドアと分けて施工すると膨大な工程数になります。

気温が高い時に流さずに放置していると乾いたところがシミになりやすいんです。

スパシャンの裏技 スプレー施工

部位ごとに塗って流すなんて手間はかけられない!という方は当ブログで試したスプレー施工をしてみてください。

スプレー施工のメリット

  • スプレーして拭くだけの簡単
  • 大量の水が不要
  • 水で流さないので厚塗り効果あり
  • 持続効果は個人的には3〜4倍

しかも薄く塗り伸ばしていくのでシミになりにくいという副次効果もありました。

ただし、スプレーが飛び散ったところは入念に拭き上げないとポツポツと跡が残り、完全硬化後は除去も困難になります。

しかし、簡単ながらバッチリ施工すると通常施工するよりも厚塗り効果もありかなり長期間効果が持続します。

つまりさらにコストパフォーマンスが向上するということ!

是非お試しいただきたい。

ひと手間ぷらすでさらにツヤと持続性アップ

このクロスで撫でていくだけで、ツヤと撥水効果の持続期間がまたアップします。ぶっちゃけこいつの効果はヤバいですよ。

コメント